育児法にこだわり過ぎない

親子

赤ちゃんサインを見極める

母乳育児をしていると、赤ちゃんがどれくらい母乳を飲んでいるのかが明確にわからず、母乳不足になっていないかと不安になるお母さんも多いでしょう。母乳不足の場合は、赤ちゃんから何らかのサインが出ていることが多いので、しっかりと見極めることが大切になってきます。わかりやすいのは体重が増加しているかどうかです。月齢によって理想的な増加率があるので、ショッピングモールなどのスケールなどを使って、意識して体重を確認するのも良いでしょう。あとはおしっこの回数です。1日5回以下であったり、色が濃い尿の場合は母乳不足の可能性があります。母乳不足が続くと、赤ちゃんが低血糖となり健康状態の悪化が深刻化する場合がありますので注意しましょう。

母乳に縛られずに

完全母乳の育児は産院でも推奨されており、初めはどんなお母さんも目指すことでしょう。しかし、お母さんが母乳が出やすい体質なのか、また赤ちゃんが上手に吸えるかどうかは、生まれてからでないとわかりませんね。それよりも大切なことは、赤ちゃんがすくすくと大きく育つことです。まずは赤ちゃんが乳首を加えて上手に飲めるようになるまでは、粉ミルクで補いながら母乳の練習することもオススメです。また、赤ちゃんが咥えて飲みやすく、お母さんにとっても楽な授乳体勢を探して、いろいろと試してみるのもいいかもしれません。また、サプリメントの摂取により体質改善を図り、母乳不足を解消させることもできます。たとえば、ビタミン類や葉酸、たんぱく質はお母さんにとって必須栄養素ですが、これを食材によって料理で補うとなると大変です。そのため、これら栄養素が含まれているサプリを摂取すると、気軽に必要な栄養素を摂ることができるでしょう。

Copyright© 2017 健康に過ごす人がやっている日々の習慣〜サプリメントの活用法〜 All Rights Reserved.